愛着のある印鑑を大事につかう

  • RSS

取引先の人とやり取りをしていて、彼が印鑑を取り出した時に出てきた印鑑というのが、ものすごくかっこいい印鑑でした。
それ、なんですか?と聞くと、なんと「チタン」だというのです。
チタン?チタンってあのチタンですか?そんな印鑑見たことがなかったのでとても衝撃的でした。チタンの印鑑なんてあるんですね。びっくりです。

チタンってすごく頑丈で、印鑑って使い方や手入れをきちんとしてないないと欠けてしまったりすると聞きますけど、チタンでできた印鑑は決っしてそんなことがないんだそうですよ。
サラリーマン、特に自分のような営業マンにはすごく使いやすそうです。
僕の認印は至って普通のものですけど、でも三文判を使ってるのと、あとはとにかく安い認印をということで買ったものですから、何度もなくしたり、欠けてしまって何度も買い直しもしています。
安いものだからそんなに痛手にはならないし、なくしたからと言ってもまったく気にしていませんでした。取引先の人と会っている時に印鑑がないということがなければそれほど気にもしていません。

でもこのチタンの印鑑をっていている取引先の人は、印鑑は仕事のパートナーみたいなものだから、愛着の湧くものを大事に使うんだ、言っていました。
そんな風に思ったことはないですね。だからちょっとびっくりしました。
自分の印鑑は、べつに名前が分かればいいんだから、という程度にしか思っていませんでした。
でも少し考えを改めようかなと思います。仕事で、しかも、契約なんかもする可能性なる印鑑はですからね。
認印だけど、いいもの使いたくなりました。

〔話題のサイト情報〕
印鑑の購入で迷っていませんか?
価格やレビュー、ランキングから、はんこのお得な口コミ情報をゲット!
⇒印鑑の比較・検討なら「印鑑ネット」へ

このページの先頭へ